アパートを借りるには

民間アパートの探し方

一般に不動産業者を仲介として探しますが、大学生協で探すこともできます。
大学生協では、2月ごろから、アパート/住まいの斡旋特別会場が開かれますが、普段も、もちろん家探しを手伝ってくれます。
大学生協でアパートを借りる場合、不動産業者と違い、仲介手数料は発生しません。また、比較的安めの物件があったり、敷金や礼金が要らない場合もあるようなので、生協を利用することをおすすめします。

民間アパートを借りるには

敷金、礼金について
 徳島市内の家賃は単身用で1ヵ月約25,000~35,000円ですが、契約時には、

等を支払うため、はじめの1ヶ月目は家賃の約6~7倍のお金が必要です。

保証人について
 保障人は、まず指導教員に相談してみてください。保証人を探すのが難しい時は、以下の「機関保証制度」を利用してください。

機関保証制度について

この制度は、留学生が民間アパートを借りる場合に、徳島大学(国際センター長)が連帯保証人となるものです。この制度を利用するには、留学生本人が徳島大 学に在籍し、公益財団法人日本国際教育支援協会(JEES)の「留学生住宅総合補償」に加入することが必要です。

【申請手続き方法】

  1. アパートを探し、生協などの不動産業者(もしくは家主)から「賃貸契約書」を入手する。保証人は空欄にしておく。
  2. 「徳島大学留学生機関保証申請書(①)」、「誓約書(②)」を受け取り、必要事項を記入する。「誓約書(②)」に指導教員のサインと印をもらう。(入手先は次項を参照)
  3. 「留学生住宅総合補償」に加入するための保険料払込票を受け取る。(受け取り先は次項を参照)
    ゆうちょ銀行ATMから保険料を支払う。※受領書/レシート(③)は必ず保管しておくこと!
  4. 以下の書類等4点を提出する。(提出先は次項を参照)
    1)「賃貸契約書」原本
    2)「徳島大学留学生機関保証申請書(①)」
    3)「誓約書(②)」
    4)保険料支払いの受領書/レシート(③)
  5. 大学側が契約書などを審査し、徳島大学国際センター長が連帯保証人として賃貸契約書を作成する。
  6. 賃貸契約書を提出先で受け取り、生協など不動産業者(もしくは家主)に提出する。
  7. 後日、大学より留学生住宅総合補償加入金の補助金を受け取る。

【申請書類の受け取り・提出先】

【注意事項】

住宅保険・留学生住宅総合補償について (留学生のみ)

民間アパートを借りる場合には、必ず住宅保険に加入するようにしてください。
住宅保険は、生協などの不動産業者から紹介してもらい、各自加入してください。

Copyright © 2019 徳島大学 国際センター All Rights Reserved.