国際センター 沿革

徳島大学では、早くから留学生の受け入れに積極的に取り組んできた。平成910月に開催された国際交流委員会・留学生専門委員会において、本学の国際交流事業を一元的に管理する「国際交流推進センター(仮称)」設置構想が提案され、その4年後(平成1310月)、留学生に対する日本語教育の効果的な実施、および留学生の学業・研究上あるいは社会生活への適応上の悩みに関するきめ細かな指導・援助を行うことを目的に、「留学生支援センター」が学内措置として設置された。そして、翌年の平成144月、文部科学省省令施設として、「留学生センター」の 設置が認可された。

 「留学生センター」設置後も、国際交流の推進に関わる情報の収集や交流を推進する環境の整備等の機能を高めるための常設機関が求められ、徳島大学として特徴ある新センターの設置構想の策定が図られた。このような動向の中、徳島大学国際連携推進室は、平成174月、「徳島大学国際化ポリシー」を策定し、その中で「国際センター」設置が提案された。続いて、「国際センター」設置計画が進められ、平成2012月、「留学生センター」を発展的に改組して、国際センターが設置された。即ち、本学の国際化を進めていくための基本的体制が整備された。

 「国際センター」は、平成264月に全学的な国際交流事業の支援及び日本人学生の海外派遣支援業務を担う「交流部門」と、留学生に対する日本語教育を行う「教育部門」に加えて、途上国等に対する国際協力を実施する「国際協力部門」を設置し、3部門体制となった。

一方、グローバル化が進展する中、教育再生実行会議ならびに文部科学省中央教育審議会により日本人学生の海外留学倍増などの数値目標が掲げられており、平成284月、本学においてもこの目標に対応するため、日本人学生の海外留学支援をより積極的に行い、全学のグローバル化教育の推進を支援する「海外留学推進部門」を新設するとともに、各部門の取り組みをより明確にするため、交流部門を「国際交流支援部門」に、「教育部門」を「日本語教育部門」にそれぞれ名称変更を行った。

平成304月には、受入れと派遣の業務を包括的に行うことを目的として「海外留学推進部門」を「国際交流支援部門」に統合し、また、従前の日本語教育に、留学生への英語教育と宿舎業務支援の機能を付加することを目的として、「日本語教育部門」を廃止し、「国際教育支援部門」を新設した。

この改組により、徳島大学「国際センター」は、「国際交流支援部門」、「国際教育支援部門」、「国際協力部門」の3部門にて業務を行うこととなった。

 

Copyright © 2018 徳島大学 国際センター All Rights Reserved.